「イラン月間」での常時展示詳細&最近のイランのニュースに関して

「イラン月間」では、イランの本の紹介を行っているサラーム・サラームによる常時展示&物販「イランの絵本に出会おう!」をおこないます。

以下、愛甲さん(サラーム・サラーム主宰)による、常時展示の紹介です。


常時展示&物販

「イランの絵本に出会おう!」

詩の国イランで生み出される絵本は、特にイラストレーションの分野で国際的に高い評価を受けてきました。
ボローニャやブラティスラヴァといった、50年以上続く権威ある国際絵本原画展で、毎回のように入選者を出しています。
今回は、2019年のブラティスラヴァ世界絵本原画展でグランプリを受賞したハサン・ムーサヴィーさんの『ボクサー』をはじめ、詩的な味わいが豊かに感じられるイランの絵本を展示(一部は販売も)いたします。
絵本はイランで出版されたペルシア語のものですが、日本語のあらすじがつきますので、ぜひ物語も併せてお楽しみください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新年早々、深刻なニュースが飛び込んできました。
これ以上、国家間の緊張が高まらないよう願うばかりです。

イランでは今多くの人々が喪に服し、日本でも連日その様子がメディアを通して報じられ続けています。
私たちはつい忘れてしまいそうになりますが、普段、イランの人々は、ごく当たり前に落ち着いた生活を送っています。日本で暮らす私たちと変わりはありません。

イランは何千年という、長い時間をかけて、豊かな文化を培ってきました。
文化が生まれる土壌には、人々の安全で平和な暮らしがあると考えます。
人間の尊い営みが、一瞬にして破壊され、憎しみが連鎖してしまうことは、本当に、あってはならないことだと思います。

「イラン月間」では、イベントを通して、多くの方に雄大な歴史のなかで育まれたイラン文化についてお伝えし、身近に感じていただけたらと思っております。

最後に、サアディーという、イランの代表的な詩人の詩を引用します。
この詩の最後の部分は、ニューヨークの国連本部のホールの壁に飾られています。

強い腕と手の力にて
弱い貧者の拳をくだくのは罪である

哀れな人たちを憐まない者は恐れないのか
倒れてもだれも手を取ってくれない

悪の種子を蒔いて善を期待する者はみな
愚かな考えを抱き、妄想にふける

耳から綿を取り出し、民を正当に取扱え
もしそうしなければ、最後の審判の日がある

アダムの子ら(人類)は互いに手足なり
一つの要素でつくられているゆえ

運命が手足の一本を苦しめたら
他の手足は安らかでいられない

他人(ひと)の苦痛を悲しまないなら
そなたは人と呼ばれるに値しない

『薔薇園(ゴレスターン)』より(黒柳恒男訳)

به بازوان توانا و قوت سر دست
خطاست پنجه مسکین ناتوان بشکست

نترسد آن که بر افتادگان نبخشاید
که گر ز پای در آید کسش نگیرد دست

هر آن که تخم بدی کشت و چشم نیکی داشت
دماغ بیهده پخت و خیال باطل بست

ز گوش پنبه برون آر و داد خلق بده
وگر تو می‌ندهی داد روز دادی هست

بنی آدم اعضای یکدیگرند
که در آفرینش ز یک گوهرند

چو عضوی به درد آورد روزگار
دگر عضوها را نماند قرار

تو کز محنت دیگران بی غمی
نشاید که نامت نهند آدمی

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です